GP静岡に向けて練習しよう&4Cサヒーリ使用雑感

MTGプレイヤーのみなさんお疲れ様です。GP静岡出る気満々になり音速でスタンを組んだにぃとです。というわけでサヒーリも無事4枚集まりデッキが完成しました。SCGのを基に自分なりに勝手にアレンジを加え練習してきました。↓以下デッキリスト。4:《森/Forest》1:《島/Island…

MTGプレイヤーのみなさんお疲れ様です。
GP静岡出る気満々になり音速でスタンを組んだにぃとです。

というわけでサヒーリも無事4枚集まりデッキが完成しました。
SCGのを基に自分なりに勝手にアレンジを加え練習してきました。
↓以下デッキリスト。

4:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
1:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
21 lands

2:《雲先案内人/Cloudblazer》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
3:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
3:《呪文捕らえ/Spell Queller》
18 creatures

4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
2:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri,the Harbinger》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《ショック/Shock》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
3:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《否認/Negate》
21 other spells

勝手に変えた点は…
《霊気との調和》⇒《ウルヴェンワルド横断》
《予言のプリズム》⇒《否認》
《呪文捕らえ》&《ならず者の精製屋》を1枚ずつ抜いて《先駆ける者、ナヒリ》
採用理由がよく分からないクリーチャー2体を抜いて《奔流の機械巨人》
…とまぁこんな感じです。

デッキ使用雑感
無難に強い…が4色&コンボデッキ故に事故を起こしやすいのは否めない。
4色故トリコカラーよりもクリーチャーの質が上がってるのでフェリダーの
ブリンク先に困らないというのが大きな利点。
尚且つアグロ相手には先出ししても大丈夫なスタッツも持ち合わせているので
アドバンテージを稼ぎつつゲームを進めることが出来るかなという印象。
SCGの結果でもある通り、黒緑アグロに有利を取られてしまいます。
除去が追い付かないというのもあり黒緑の良質なクリーチャーに
殴り切られてしまう事が多かったです。
耐えがたきを耐えれば2枚コンボで勝てるので…

カード使用雑感
まずは変えたカードから
《ウルヴェンワルド横断》
普通に強かった。序盤は基本土地サーチとして使えて
終盤は昂揚を達成している事が多いのでクリーチャー(主にフェリダー)を
サーチ出来るのも強かった。
欠点は《霊気との調和》で補っていたであろうエネルギーの確保が出来ないこと。

《先駆ける者、ナヒリ》
SCGでは割と多かった《領事の権限》が入ってるデッキ相手に真価を発揮してくれる。
ルーターに除去に仕舞にはデッキからフェリダーを出してコンボで勝てる。
サイドに入れているのが多かったですがメインに入れて損なしです。

《否認》&《奔流の機械巨人》
この2枚に関しては強くもあり弱くもありって感じで評価が難しいです…
《否認》に関しては他の有用なカードに変えてサイドボードでもいいかなぁ
《奔流の機械巨人》は奇襲性が高くて火力を使い回せるので厳しい盤面を
イーブンに持ってくこともあったのですが元々トリコカラーのようにインスタントが
少ないので手札で腐ってしまう瞬速6/5/6…
変える候補としては《老いたる深海鬼》or《ゴブリンの闇住まい》かなぁ。

《守護フェリダー》
効果範囲が広すぎるだろ…
クリーチャーの使い回しに《ニッサの誓い》や土地までも使い回せる。
しかも4/1/4というスタッツを持ちブロッカーとして機能するのも強み。

実の無いこと長々と書きすぎた…
まだまだまだGP静岡に向けて練習会していきたいと思いますので
よろしくお願いしまーす。

ではまた(。・ω・)ノ゙


【スタン】青白エルドラージで参加し2-1

時間ができたので久しぶりにスタンの大会に参加。

デッキは前日に作成。

せっかくスタンで部族?デッキが作成できる環境なのでそれを十分に楽しむことに。将来を見越して難題の予見者を4枚揃えたいと思っていたのでなんとも都合が良い。

なお、最大サイ…

時間ができたので久しぶりにスタンの大会に参加。

デッキは前日に作成。

せっかくスタンで部族?デッキが作成できる環境なのでそれを十分に楽しむことに。

将来を見越して難題の予見者を4枚揃えたいと思っていたのでなんとも都合が良い。

なお、最大サイズが5/5なので青ハルクは乗り越えられない。

そのあたりは停滞の罠にお任せ。


【スタンダード】青白エルドラージ

クリーチャー:20
1:《果てしなきもの/Endless One》BFZ
3:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》OGW
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》OGW
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》BFZ
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》OGW
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》OGW

呪文:16
3:《次元の歪曲/Spatial Contortion》OGW
3:《予期/Anticipate》BFZ
4:《停滞の罠/Stasis Snare》BFZ
3:《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter》KLD
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》KLD
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》BFZ

土地:24
4:《平地/Plains》KLD
4:《島/Island》KLD
2:《霊気拠点/Aether Hub》KLD
4:《荒地/Wastes》OGW
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》CN2
4:《大草原の川/Prairie Stream》BFZ
2:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》BFZ

サイドボード:15
1:《空中対応員/Aerial Responder》KLD
1:《金線の使い魔/Filigree Familiar》KLD
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》OGW
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》BFZ
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》EMN
2:《即時却下/Summary Dismissal》EMN
3:《否認/Negate》CN2
2:《断片化/Fragmentize》KLD
1:《月への封印/Imprisoned in the Moon》EMN
1:《燻蒸/Fumigate》KLD

資産の都合上いろいろ妥協している。
例えばメインでは密輸人の回転翼機の3枚、ギデオンの2枚、霊気拠点の2枚など。

上記の理想枚数は4枚、3枚、4枚。
不足分は予期で水増し。
(アンコ土地なんかをわざわざシングル買いしたくない)

予期とか熟慮とか中途半端なドロースペルが大好きです。

あと、いつも通りサイドは適当。
おしゃれ枠のウラモグがお気に入り。
  

…以下結果…
 
勝ち:青赤コントロール、緑黒高揚
負け:青赤コントロール
 
負け試合は回転翼機のディスカード誤り。
無色マナも色マナと同様に供給が難しことの認識が薄かった。
今まで、ダメランとか使っていたからしょうがないね。

それとメインの予期が想像以上に弱く、全マッチでサイドアウト。
加えて1マナでキャストできるカードが欲しいと感じることが多かった。

また、どう頑張ってもウラモグをキャストできないこと、エムラのための即時却下を構えるより必要な土地が伸びる前に殴り切れる事が判明。

これら気づいた点を改善せねば。


…以下デッキ変更点…

メイン
予期×3枚 → スレベンの検査官×3枚
次元の歪曲×1枚 → スレベンの検査官×1枚

サイド
ウラモグ×1枚 → 大天使アヴァシン×1枚

予期は後半の消耗戦になっている時は強い印象を受けたけど、そもそもその状況下ならもっと優れたドロースペルをキャストしたい。
というか、そこまでゲームを長引かせる気はさらさらない。
それよりも1ターン目に行動できる選択肢を増やしたい、かつ機体の操縦者が欲しい。

こんなわがままな要求を満たしてくれるナイスカードが検査官。
おまけで空いたマナでドローもできる。

4枚取りたかったので仕方なく次元の歪曲を1枚削除。
停滞の罠とどちらを削除するか悩んだけど、範囲が広い方を残すことに。
この当たりは、対戦を重ねて調整していけばいい。

ウラモグはおしゃれ枠をクビに。
おしゃれ枠と言えど、現実的に場に出せるカードであって欲しい。

…以上デッキ変更点…


このデッキは回していて楽しかったので今後も使っていこうと思う。
特にサイドもしっかりと作成していきたいのでドンドン色々なデッキと対戦していきたい。
次回は青白フラッシュや早いビートタイプのデッキと当たれるといいな。