PT結果と【マルドゥ機体】

 プロツアー『霊気紛争』も終了し、ゲームデーまでのデッキ構築の時期になりましたね! プロツアーTOP8中、6つが【マルドゥ機体】であり、『サヒーリ・ライ』が1枚も見当たらないという結果は、プロツアーの面白さを感じました(ギデオンはたくさんいました)。対策はできる…

 プロツアー『霊気紛争』も終了し、ゲームデーまでのデッキ構築の時期になりましたね!

 プロツアーTOP8中、6つが【マルドゥ機体】であり、『サヒーリ・ライ』が1枚も見当たらないという結果は、プロツアーの面白さを感じました(ギデオンはたくさんいました)。

サヒーリ・ライ
対策はできる、ということでもありますね! 

 しかし、プロツアーの結果から周辺のショップに【サヒーリコンボ】が減少するという確証はなく、今後とも対策しないでのデッキ構築は危険と思います。流行するであろう【マルドゥ機体】と含めて対策したいですね!




 ということで、今回はプロツアーでも活躍した【マルドゥ機体】について触れたいと思います。


 【マルドゥ機体】は、『霊気紛争』発売前から存在したデッキであり、以前の記事【赤白ドワーフ】でも触れていたデッキ・タイプです。私自身、『密輸人の回転翼機』の禁止から不安定さを感じてデッキ構想を練りましたが、そのまま『キランの真意号』を後釜にすることで大丈夫だったようです。

キランの真意号
サヒーリと並んで対策の筆頭になりそう


 【赤白黒】というカラーですが、その色事に役割があり、特に【黒】が活躍するデッキです。【黒】の生物呪文を入れることは少ないですが、『屑鉄場のたかり屋』の戦場に戻る効果、『無許可の分解』、『致命的な一押し』等の除去呪文に触れる色として重要です。特に今回のプロツアーで本領を発揮したのは『屑鉄場のたかり屋』ではないでしょうか。
屑鉄場のたかり屋
優秀な乗組員!

 無色の2マナ3/2といいう素晴らしいP/Tに加え、墓地にいても他の生物とマナを糧として戻ってくる効果を持ちます。この能力と【マルドゥ機体】の搭乗3までの機体が合わさり、ブロックできない能力をなかったことにしたような動きまで可能、且つリセットカードに強いデッキになっています。  アーティファクトであるため『模範的な造り手』とも相性が良く、機体を引けなくともライフを削り切る助けともなる事があり、【マルドゥ機体】の筆頭クリーチャーと言えるのではないでしょうか。
 
 実際、以前紹介した【赤白ドワーフ】に【黒】を加えデッキを回してみましたが、安定性は高いと感じました。『霊気拠点』よりも時に優秀に成りうる『産業の塔』の存在が大きく、今まで【黒】が出せるか不安定だった部分が解消された気がします。

産業の塔
手がかりを残すプレイングを心掛けましょう 


 その他として、【サヒーリコンボ】からミラーまで、幅広く見る事ができる『無許可の分解』の存在が大きく、前のめりなデッキの割に安定して戦えます。
 無許可の分解
近年の除去では最高レベルです
同じアンコモンの殺害とは…


 今後の環境として【マルドゥ機体】を見ることは多くなると思われますが、だからといって対策できないデッキではないのが事実です。【黒緑】の場合は、メインの『致命的な一押し』を気持ち増やしたり、サイドボードに『鞭打つ触手』や『完全無視』等の追放系呪文や、『霊気池の驚異』が少ない現環境であるため、『自然のままに』に重点をおいたり、『屑鉄場のたかり屋』に強い『自然廃退』等を増やすのも手だと思います。 

fnmpromo_201609_ja.jpgヤヘンニの巧技だとデパラが見れます
 

 【ジェスカイコントロール】等では『石の宣告』、 『停滞の罠』等の【白】の追放除去や、以前黒緑でも触れました『手酷い失敗』等の【青】の追放打消し、『グレムリン解放』等の【赤】の置物破壊が挙げられるのではないでしょうか。(ダブルシンボルが多いので土地基盤に合わせましょう)

 手酷い失敗
素晴らしい呪文だと思います。



 今回のプロツアーの結果は、参加したプロの方々による、【黒緑】や【サヒーリコンボ】に重点を置いて対策した結果であり、今後の環境を楽しくする最も良い結果になったものだと考えています。確かに安直にTOP8のデッキを見てしまえば『先攻ゲー』でありますが、そこをどう対応するかがプレイヤーの腕に任されているのではないでしょうか(先攻を決めるダイスも含めて)。

 ゲームデーにはプレイマットや限定のプロモカードが勝者に渡されます。勝ち取るためにもデッキに調整に調整を重ねたいですね!
 
 

機体はさらに輝く!【マルドゥ機体】

プロツアー『霊気紛争』 スタンダードラウンド10-0 【マルドゥ機体】を紹介します。《密輸人の回転翼機》の禁止によって解体されたかと思われた【マルドゥ機体】。しかし《キランの真意号》という新たな新戦力によってさらに輝きを増して環境に帰ってきました!

0)
プロツアー『霊気紛争』 スタンダードラウンド10-0 【マルドゥ機体】を紹介します。

《密輸人の回転翼機》の禁止によって解体されたかと思われた【マルドゥ機体】。

しかし《キランの真意号》という新たな新戦力によってさらに輝きを増して環境に帰ってきました! 続きを読む

デッキ構築案【赤白ドワーフ】

 今回は、霊気紛争前に【黒緑昂揚】と同様に触れていた【多色機体】をベースにした、【赤白ドワーフ】について紹介します。 【機体】デッキには【赤白】や【青白】ベースにしたものがありましたが、禁止制限より、『密輸人の回転翼機』を失いました。今回のデッキは、その…

 今回は、霊気紛争前に【黒緑昂揚】と同様に触れていた【多色機体】をベースにした、【赤白ドワーフ】について紹介します。

 【機体】デッキには【赤白】や【青白】ベースにしたものがありましたが、禁止制限より、『密輸人の回転翼機』を失いました。今回のデッキは、その穴を埋めつつ、部族シナジーによって補うことをメインとしたデッキです。

 密輸人の回転翼機
ブンブンブンブン

デッキレシピは以下の通りとなりました!

 赤白ドワーフ

 本デッキの構築の中で、部族シナジーを担うのは、『模範操縦士、デパラ』と『金属ミミック』です。

模範操縦士、デパラ金属ミミック
強化の仕方が修正とカウンターです。

 『金属ミミック』は、『サリアの副官』のように戦場に出た際に機能しませんが、その後の恩恵が大きい生物です。特に、このデッキに採用したドワーフはタフネスが低いため、+1/+1カウンターの恩恵は大きいものと思われます。


 また、このデッキでは『生真面目な補充兵』を採用しておりますが、レシピでも触れている通り、『空中対応員』や『博覧会場の警備員』等でもよいと思います。

空中対応員博覧会場の警備員
どれも優秀です。

 『生真面目な補充員』には、『金属ミミック』や『霊気晶の鉱夫』と合わせて強化する面白さを感じて採用しました。その他は【多色機体】をベースに弄った程度なので、自己流のアレンジを加えてみると面白いかもしれませんね!

「威名の英雄」の画像検索結果
これが好きだったのもあります。
 
 以上が【赤白ドワーフ】についての紹介でした。サイドボードに関してはまだ構築できていないため紹介できませんでしたが、『歩行バリスタ』等の対策として『断片化』、その他優秀な除去として『石の宣告』等を採用すると思います。まだあまりテストプレイできていないため、今後使用した感想を述べたいと思います!

多様な【黒緑】への対抗策について

 今回は前に触れました【サヒーリコンボ】に並ぶとも劣らない【黒緑】について触れたいと思います。 【黒緑】は人気と言っても、主軸となる『ピーマの改革派、リシュカー』と『巻きつき蛇』、『歩行バリスタ』、『新緑の機械巨人』以外はデッキビルダーによってタイプが異…

 今回は前に触れました【サヒーリコンボ】に並ぶとも劣らない【黒緑】について触れたいと思います。


 【黒緑】は人気と言っても、主軸となる『ピーマの改革派、リシュカー』と『巻きつき蛇』、『歩行バリスタ』、『新緑の機械巨人』以外はデッキビルダーによってタイプが異なります(?)。

 ピーマの改革派、リシュカー巻きつき蛇
3ターン目に決まると重い

 そのため、まずは現環境にある主要な【黒緑】のデッキについて紹介し、その後そのタイプに有効な呪文を紹介したいと思います!


まずですが、【黒緑】全てに当てはまる『燻蒸』については深く触れません!
(その他全体除去にも触れていません…)

燻蒸
回復までついてます。 




①【黒緑昂揚】
 残忍な剥ぎ取り
好きな呪文です(n回目)

 このタイプのデッキは、【黒緑昂揚】が『約束された終末、エムラクール』を使用しないアグロ(コプター採用)型に、上記新規呪文が穴埋めした形になっております。そのため、以前から使用していたプレイヤーにとっては回しやすい上、完成度の高いデッキになっています。また、『霊気紛争』にも墓地対策の呪文ないため、一度【昂揚】が達成すると安心して立ち回れる事が利点です。


【対策呪文】
『手酷い失敗』
手酷い失敗 
環境が追い風です!

 BFZ収録の4マナ以下の生物を打消し、追放する呪文です。現【黒緑】の多くは生物主体で且つ5マナ以下のクリーチャーで構成されています。『新緑の機械巨人』を打ち消すことはできませんが、その他の呪文に対しては大活躍する事ができます!他にも『虚空の粉砕』等の追放領域に送る打消しは【昂揚】のカードタイプを埋める行動を阻害できるため、重宝するかもしれません!
ちなみに現時点でこの呪文が苦しくない【黒緑】デッキも『燻蒸』同様少ないと思われます。


②【黒緑アグロ】
光袖会の収集者霊気圏の収集艇
個人的に好きなタイプです

 このデッキタイプは、『光袖会の収集者』と『霊気圏の収集艇』、『顕在的防御』等が使用されている事が特徴であり、上記の【黒緑昂揚】よりも速く、『新緑の機械巨人』と『霊気圏の収集艇』を組ませて絆魂の機体としてライフレースまで取りに行くタイプです。前のめりな分手札枯渇もはやいですが、『光袖会の収集者』によってケアできることが素晴らしいと言えます。


【対策呪文】
『致命的な一押し』
『最後の希望、リリアナ』(その他PW)
致命的な一押し最後の望み、リリアナ
 出鼻挫きと言えば

 『致命的な一押し』は『巻きつき蛇』やその他もろもろが大きく影響を受けてしまう除去であり、天敵と言えるかもしれません 。また、3T目に戦場に出された『最後の希望、リリアナ』は、『歩行バリスタ』や『光袖会の収集者』が使用しにくくなり、リリアナの除去に専念しなければならなくなるため、時間を食われてしまいます。【黒緑アグロ】は【黒緑昂揚】よりも除去が薄くなる傾向により、『破滅の道』はメインに少なく、【昂揚】を目指すわけでもないため『餌食』を採用しにくい事も、PWに触れにくい部分だと言えます。『ゼンディカーの同盟者、ギデオン』も戦場に出してしまえばそのまま捲れる可能性は高いです。
ゼンディカーの同盟者、ギデオン
どのデッキでもきつい()



③【黒緑エネルギー】
 逆毛ハイドラ牙長獣の仔
蛇と合わせて大きくなる!

 上記の【黒緑アグロ】の一部ですが、『巻きつき蛇』の能力でエネルギーと+1/+1カウンターが増える事を利用し、エネルギーを産みだす呪文に偏重したデッキタイプです。他の構築よりも『導路の召使い』が採用しやすいため、『ピーマの改革派、リシュカー』が戦場におらずともマナを加速する事ができ、故に立ち回りやすいデッキだと思います。『霊気拠点』と『導路の召使い』より、【黒緑】以外に1色足しやすい事も利点であり、『蓄霊稲妻』を採用する【赤】タッチ、『否認』を採用する【青】タッチ等が考えられます。


【対策呪文】 
 マナ・コストが3以上の飛行
 呪文捕らえ
どのタイプでもきついかも

 正直なところ、【黒緑アグロ】と対策呪文に差はあまりありません。しかし、飛行クリーチャーの対処、特に『致命的な一押し』で触れにくい マナ・コストが3以上は相手にしにくいと思われます。また、私の経験談ですが、このデッキタイプで飛行をケアするために、『精神壊しの悪魔』を採用したことがありますが、【昂揚】が達成しにくく、何度か4点ロストすることがありました。無理に飛行を見る事はありませんが、多くのクリーチャーが地上を這っているため、注意をする必要があると思い、挙げさせていただきました。




以上が【黒緑】のデッキタイプと対応できる呪文の紹介でした。 
今回は【対策呪文】の紹介でしたが、苦手なデッキも多く存在するため、調べてみて構築するのも面白いと思います。
個人的には【マルドゥ復元(末永く)】等のクリーチャーの質が高いコンボデッキとは戦いたくないですね…  

【黒緑】についてとFNM【1/27】

 SCGの結果から数日、プロツアー前のおおまかな環境が見えてきましたね!主に【〇〇サヒーリ】や【黒緑カウンター】等が多かったと感じました。 やはり成功率は高そうでした詳しくはこちらです SCGTOP64デッキリスト  今回は、以前に構築しようとしていたデッキ、【黒緑…

 SCGの結果から数日、プロツアー前のおおまかな環境が見えてきましたね!

主に【〇〇サヒーリ】や【黒緑カウンター】等が多かったと感じました。

 サヒーリ・ライ守護フェリダー
やはり成功率は高そうでした



詳しくはこちらです 

 


 今回は、以前に構築しようとしていたデッキ、【黒緑昂揚カウンター】について触れたいと思います。

 SCG で1位になったため説明することは無いかもしれませんが、このデッキは【黒緑カウンター】に、1つでもカウンターが乗れば突破力の高い『残忍な剥ぎ取り』と、4マナ4/5飛行トランプルという、受けることもライフを削るのも優秀な『精神壊しの悪魔』等を採用したデッキです。『歩行バリスタ』が墓地のカード・タイプの種類を補うこともデッキの完成度の高さを感じました。
残忍な剥ぎ取り
前にも触れてましたが、強いです 
 
 
  また、プレ裏での【黒緑カウンター】よりも除去を持つようになり、『致命的な一押し』と『闇の掌握』を積んでいることが素晴らしいと思われます(SCGの3位までのデッキには3枚以上投入されています)。

 闇の掌握
一押しよりも丸い

 主に『守護フェリダー』やミラーマッチでの『巻きつき蛇』等も広く見れる『闇の掌握』 は、十分すぎるほどの活躍を見せていたと感じました。その分デッキ内のPW等が削れているため、『燻蒸』等で戦場が流された時の対策を考えなければならないと思います。




 以上が大まかな【黒緑昂陽カウンター】の説明であり、実際にFNMに【黒緑昂陽カウンター】を持ち込んで出場いたしました。


 SCGの結果や自分のオリジナリティを投入した結果、メインに『最後の希望、リリアナ』と『ゼンディカーの代弁者、ニッサ』を投入し、『精神壊しの悪魔』を入れず、『墓後家蜘蛛、イシュカナ』を1枚挿すようなデッキになりました。『致命的な一押し』と『闇の掌握』は3:3です。

最後の望み、リリアナ
-2がいい仕事をするデッキ構築です。

結果は以下の通りでした!

 【赤黒ドレッジ】    〇〇‐
【黒緑t青カウンター】  〇×〇
【4Cエネルギー】  〇×〇


 【サヒーリコンボ】に当たらなかったため相性はよくわかりませんが、マッチでは全勝でした。
主に『最後の希望、リリアナ』が相手の事故に合わせて奥義を達成したり、除去された『新緑の機械巨人』を戻したりと、予想通りのいい仕事をしたと感じました。また、相手の『燻蒸』後のリカバリーが速くできました。

 

今後プロツアーの結果やショップでの環境に合わせて、適度に調整したいと思います!