更新再開およびサイトの引っ越しのお知らせ

サイトを引っ越ししました。そちらで更新を再開していきます。新サイト MTG Pauperブログ”シミてく(゜-゜)”まずはこちらにある主要な記事の移転を優先させるつもりですが、新規記事も随時更新していきます。また、移転した記事はこちらからは削除していく事になるかもしれ…

サイトを引っ越ししました。そちらで更新を再開していきます。
新サイト
 MTG Pauperブログ”シミてく(゜-゜)”

まずはこちらにある主要な記事の移転を優先させるつもりですが、新規記事も随時更新していきます。

また、移転した記事はこちらからは削除していく事になるかもしれません。

まだ向こうの記事が少ない間は情報がこちらとあちらで分散されてしまいますが、重要な情報は出来る限り早く移行させるつもりです。





新しくなったシミてく(゜-゜)”をどうぞよろしく!


「アクト・オブ・キリング」観ました。

「アクト・オブ・キリング」全長版166分を渋谷シアター・イメージ・フォーラムで観て帰宅すると24:00まわってる。さすがにハードである。通常劇場公開版を一度観て、どうしてももう一度観たいと思っていた映画・なんとか再び映画館で見れて嬉しいです。「アクト・オブ・…

「アクト・オブ・キリング」全長版166分を渋谷シアター・イメージ・フォーラムで観て帰宅すると24:00まわってる。さすがにハードである。通常劇場公開版を一度観て、どうしてももう一度観たいと思っていた映画・なんとか再び映画館で見れて嬉しいです。
「アクト・オブ・キリング」は、60年代におきたインドネシアの大虐殺・・その実行者たちに、当時の虐殺行為の演じてもらう、という衝撃的なドキュメンタリーです。
この映画の恐ろしさは、たんにインドネシアで起きた虐殺の告発・・であるだけではなくて、スクリーンに映し出される腐敗した国家と、殺人者たちの姿が、まったく他人事、他国の話ではなくて、それはグロテスクな自分自身、自分達自身の映し鏡であることにいつのまにか気がつかされてしまうことです。
幸いにして、今のところ僕は人を殺したこともないし、殺されたこともありません。でもある意味ではそれは僕自身の手柄ではなくて、時と場所が違えば、簡単に自分自身が迫害者/殺人者として虐殺を行ったり、それに協力しているかもしれないし、あるいは逆に、被害者として虐殺され迫害されているかもしれない。
幸いにして今僕が住んでいる日本は、今は戦争をしていないし内乱状態にもないし民主国家で先進国で文化的に豊かであると思っている。でも現実には現政権は憲法を無視し、秘密保護法は成立し、福島原発事故がまったく解決のめどすらたたないのに原発再開を急いでいる・・そんな国になっていることを皆知りつつも平気な顔をして生活をしている。
人間であるということはどういうことなのか、人間の悪とか業とはどういうことなのか、を、この映画はとても深いところから問いかけて来て、深い深い根底から自分の存在をゆりうごかされる気がする。
恐ろしい映画だと思います。
坂本龍一さんの言葉を借りるなら「マスト・シー」の映画です。観るべき映画です。http://www.aok-movie.com/

開花の幻霊+ヘリオッド+安全の領域 エンチャントレスデッキ!

久々の更新です!更新の無い間も細々と仲間内でマジックをやっていたのですが、そんな中使ってて一番楽しいデッキがこのエンチャントレスデッキでした。最近他のWebサイトやMOでもちらほら登場する、開花の幻霊と大量のエンチャントを使ってカードを引きつつ戦うデッキです。…

久々の更新です!

更新の無い間も細々と仲間内でマジックをやっていたのですが、そんな中使ってて一番楽しいデッキがこのエンチャントレスデッキでした。

最近他のWebサイトやMOでもちらほら登場する、開花の幻霊と大量のエンチャントを使ってカードを引きつつ戦うデッキです。

122

開花の幻霊を使ったデッキには色々な種類がありますが、今回はコントロール性を重視した長期戦仕様の腰の重いデッキにしてみました。

基本的な戦略は、、、

①ニクス毛の雄羊、平和な心、クルフィックスの狩猟者、払拭の光で序盤の守り固め
②開花の幻霊、クルフィックスの洞察力で手札補充
③安全の領域登場
④安全になってから太陽の神、ヘリオッド、太陽の勇者、エルズペスを展開して殴る

です。

以下、デッキレシピ。

-------------------------------------------
土地-24
4:《寺院の庭/Temple Garden》
10:《平地》
10:《森》

クリーチャー-17
4:《ニクス毛の雄羊/Nyx-Fleece Ram》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
4:《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》
3:《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》
2:《天界の執政官/Celestial Archon》

スペル-19
4:《平和な心/Pacifism》
4:《払拭の光/Banishing Light》
4:《クルフィックスの洞察力/Kruphix's Insight》
4:《安全の領域/Sphere of Safety》
3:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
------------------------------------------- 

29枚のエンチャント+ヘリオッドのトークンで、程よく星座発動+安全の領域パワーアップします。
また、ニクス毛の雄羊+クルフィックスの狩猟者で毎ターン1~2ライフゲインしてくれるので、苦しいライフ状況からの挽回もいい感じです。
デッキの感触としては、たくさん引けて、パーマネントを並べれば並べるほど盤石感が出てくるので使ってて楽しいです。

各カードの使った雑感として、

【開花の幻霊】
1枚でもこのデッキではドローエンジンとして強力ですが、2枚以上並ぶと手札が溢れて毎ターンディスカード、ライブラリアウト寸前になることもあるくらい引けました。

【平和な心】
改めて感じる使い勝手の良さ!
2マナでクリーチャを(ほぼ)無効化してくれる+開花の幻霊でドロー+後半は安全の領域のエサ。

25

【クルフィックスの洞察力】
デッキに30枚近く入っていると、3枚まるまる手札にもってきてくれることもしばしば。
何より掘り進む枚数が6枚と多いので、シチュエーションによって必要なカードを持って来てくれる期待感を持って使えます。
(大体のケースで払拭の光を探しに行きます)

129



あと、やっぱりエルズペスは強いですね・・・

 9

以上。

プレイング反省会:Arena戦記2戦目

自分のプレイングを振り返ってみるコーナーです。<a href=”http://www.nicovideo.jp/watch/sm24196811″>【ニコニコ動画】[HearthStone]社会人ゲーマーのArena戦記(3) 2戦目</a&a…

自分のプレイングを振り返ってみるコーナーです。




●マリガン

Bloodsail Raider、Twilight Drake、Polymorph ときて、Polymorphをマリガン。
6枚入っている3マナ域を引いてこれるんじゃないか、というこころで。

安全に行くなら、ドレイクもマリガンして3マナ域を引ける確率を
高めるべきだと思います。

ちなみに引き直し、第一ターンで引いたのは Polymorph でしたw
とくに迷った事の無いターンは省きます。

●3ターン目

相手の場に3/2が1対、こちら2/2がいる状態で、
出せるのがDemolisher と Sun Shattered Creric でした。

2/2を強化してもどうせ相打ちを取られるのでDemolisherで良かったかと思います。

●6ターン目 
 
相手の場に3/3Taunt、1/2の武器、こちらに4/1と1/2(ダメージ受けるとドロー)という場。
手札はPolymorph2枚、Flamestrike、Tigerとその他2枚のカード。

他の選択肢はPolymorphした上で1/2でなぐる、でしょうか。

ただ、その場合相手の次のターンでDrakeを処理されて、
6マナのミニオンが出てくるとボードが逆転してしまうので、これで正しかったと思います。

●9ターン目

最大のプレイミス。。
相手ライフ15点+盾2点なので、ミニオン全員でアタックと、
FireBallで勝ってました。。。


改めて動画でみると、コメントや自分の考えの整理でプレイング発見できますね。

 

[HearthStone]社会人ゲーマーのArena戦記(3)

嫁と子供が帰省している隙に録画しながらHearthstoneのArenaやりました。<a href=”http://www.nicovideo.jp/watch/sm24196669″>【ニコニコ動画】[HearthStone]社会人ゲーマーのArena戦記(3)</a>

嫁と子供が帰省している隙に録画しながらHearthstoneの
Arenaやりました。




【基本セット2015】気になるカード:緑 ~おい私、ゲームデー直前だゾ~

 気が付けば【ゲームデー】直前。どれだけ書くのが遅いんだよって話で……(´∀`;) ともかく生きてますのでご安心を。 緑のカードを見ていきましょうねー。 えげつないエンチャント対策、【自然に帰れ/Back to Nature】が再録。 【テーロス・ブロック】でエンチャント…

 気が付けば【ゲームデー】直前。どれだけ書くのが遅いんだよって話で……(´∀`;)
 ともかく生きてますのでご安心を。
 緑のカードを見ていきましょうねー。

Back to Nature えげつないエンチャント対策、【自然に帰れ/Back to Nature】が再録。
 【テーロス・ブロック】でエンチャント推しをしておいてこれを再録するとは……なかなかのS!
 直前の【ニクスへの旅】で登場した【星座】が血の涙を流しているのが目に見えるようですね。

 まあ今のスタンダードではサイドボードにエンチャント対策を入れるのであれば、【神】にも対策出来る【霊気のほころび/Unravel the AEther】のほうが優先されそうですし、エンチャントをたっぷり積んだデッキもまだ目がないわけではないとは思います。
 いや、まあそういうデッキが結果だしちゃうとこいつも目を覚ますんですけどね(´ω`;)


Chord of Calling モダンでも使われている高額カード【召喚の調べ/Chord of Calling】が再録。再録までは4000くらいはしていましたが、今では半額の2000以下に。それでも安いとは言い難いですがね……。

 スタンダードでクリーチャーを使うコンボデッキや、【シルバーバレット】戦略を実践できるデッキが作られれば充分に活躍の余地がありそう。
 早速【緑単信心】で採用されたとか。複数枚引きたくない【狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt】を減らしてこれを投入したらしい。なるほど……。


Gather Courage 【召集】付きの良インスタント【かき集める勇気/Gather Courage】が再録。
 緑のクリーチャーをタップすればマナがフルタップでも唱えられるので裏をかきやすい性能をしています。各種【コンバット・トリック】や打点の向上に貢献できることでしょう。
 緑のアグロ系のデッキであれば使い易そうですね。セレズニアやナヤとか。


 他のカードについては続きから。

続きを読む