日本レガシー選手権2016冬、TOP8に2種の新デッキ!

2016年最初の国内大規模レガシー、日本レガシー選手権の結果が早くも掲載されました!Japan Legacy Championships Winter on 1/30/2016
1st Place
奇跡/Miracles
2nd Place
ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place
リアニメイト/Reanimator
4th Place
赤黒リアニメイト/BR Reanim…

2016年最初の国内大規模レガシー、
日本レガシー選手権の結果が早くも
掲載されました!

Japan Legacy Championships Winter on 1/30/2016
1st Place
奇跡/Miracles
2nd Place
ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place リアニメイト/Reanimator
4th Place 赤黒リアニメイト/BR Reanimator
5th Place ダークマーベリック/Dark Maverick
6th Place 12ポスト/12Post
7th Place(Finalist) 墓忍びコントロール/Tombstalker
8th Place(Winner) 奇跡/Miracles

Lands(19)
3 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Underground Sea》
3 《Scrubland》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Bayou》


Creatures(10)
4 《墓忍び/Tombstalker》
3 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》


Spells(31)
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《Hymn to Tourach》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3 《目くらまし/Daze》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《殺し/Snuff Out》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》


Sideboards(15)
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《解呪/Disenchant》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《暗黒破/Darkblast》
1 《寒け/Chill》
1 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《Karakas》
1 《沼/Swamp》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
スイスラウンド7位と8位がワンツー
フィニッシュという珍しい幕切れとなった
ニッセンレガシー。
まず目を見張るのが7位の
何とも形容し難いコントロールデッキ。
4枚投入された《墓忍び/Tombstalker》が
とにかく異彩を放っています!
tombstalker
名付けるなら、エスパーコントロール、
もとい墓忍びコントロールでしょうか。
しかしこのデッキ、コントロールと称するには
少々アグレッシブすぎるプランが。
darkritualhymntotourachliliannaoftheveil
1ターン目、《暗黒の儀式/Dark Ritual》から
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》や
おなじみ《Hymn to Tourach》は
もはや効かないデッキが無いほどの
強烈なブン回り要素です。
cursedscroll
とにかく手札をダンプすることが予測される
このデッキ。捌き切られたらどうするのか…
と思いきや、ちゃんとサイドボードに回答が。
黒単コントロールなどにたまに採用される
《呪われた巻物/Cursed Scroll》は
奇跡など遅いデッキに激烈に刺さりそうです。

Lands(21)
4 《Badlands》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《Scruband》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《Bayou》


Creatures(12)
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2 《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
(※《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》の誤植だと思われます)
2 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》


Spells(31)
4 《納墓/Entomb》
4 《死体発掘/Exhume》
2 《再活性/Reanimate》
3 《動く死体/Animate Dead》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《堀葬の儀式/Unburial Rites》


Sideboards(15)
4 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《イクスリッドの看守/Yixlid Jailer》
2 《無のロッド/Null Rod》
3 《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
1 《魅力的な執政官/Blazing Archon》
そしてスイスラウンド4位は
こちらも禍々しさでは負けていない
オロスカラーのリアニメイトデッキです。
kozilekgreatdistortion
BFZ、OGWで再登場したエルドラージの
巨人たち(ウラモグ、コジレック)の特徴に
「リアニメイト防止の誘発型能力が
オミットされている」というのがあります。
滅殺も失い、マナコストを踏み倒されても
問題ないとWotCが判断したと思われますが
このデッキでは早速、それを悪用しています!
panishingfiregroveofburningwillow
本来、黒単か黒青で組まれるリアニメイトが
赤黒で組まれている理由の一つが、この
罰する火エンジン。
序盤は相手のクリーチャーを捌き、
後半は上述のコジレックの能力で捨てて
何度も再利用…というのはとにかく恐ろしい!


おなじみのデッキをプレイするレガシーも
もちろん楽しいですが、
こうして新しく、独創的なデッキが登場するのを
眺めるのもレガシーの魅力の一つです。
ああ、レガシーがやりたくなってきました(笑

タイニー・リーダーズにおける統率者の追加と変更

いつの間にやらそんな出来事があったみたいです、見逃していました。MTG: Tiny LeadersよりGlass (◇)(◇)(◇)伝説のクリーチャー3/3所謂無色の統率者ですね。3マナ3/3のバニラです。ゲートウォッチの誓いで無色・欠色が増えたとはいえ、3マナ以下という縛りがあるタイニーに…

いつの間にやらそんな出来事があったみたいです、見逃していました。

MTG: Tiny Leadersより



Glass (◇)(◇)(◇)
伝説のクリーチャー
3/3



所謂無色の統率者ですね。3マナ3/3のバニラです。

ゲートウォッチの誓いで無色・欠色が増えたとはいえ、3マナ以下という縛りがあるタイニーにおいて無色デッキはキチンとデッキとして機能するのか興味があります。





また青黒緑の統率者であるSultaiに変更点があります。



Sultai (青)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー
3/3



今まで2/2だったのがパワー・タフネス共に1ずつ上がって3/3になりました。

2と3では天と地ほどの差があるので強くなりましたね。ただコイツを使う場面といったら装備品を付けて殴るくらいでしょうか?

ちなみにタイニー Sultaiで画像検索すると

sultai-proxy_tiny-leaders_by-xander
このような画像が出てきます、カッコいいですね。リンクを辿るとMTG Salvationのようです。

Glassはまだこのようなものは無いみたいです。



MTG Wikiのタイニー・リーダーズのページもいつの間にか加筆されていて

117241
これに伝説を付けたスゥルタイカラーの統率者もアリなんですね、初めて知りました。正直Sultaiよりコチラの方が強い

AlphaGo

http://gigazine.net/news/20160128-computer-win-human-at-igo/

ついに囲碁で人間が敗れる時が来たかと。
残った砦は麻雀とかランダム性の強いゲームだけ。
二人零和有限確定完全情報ゲーム以外のゲー?…

http://gigazine.net/news/20160128-computer-win-human-at-igo/

ついに囲碁で人間が敗れる時が来たかと。
残った砦は麻雀とかランダム性の強いゲームだけ。
二人零和有限確定完全情報ゲーム以外のゲームAIの研究ってどれくらい進んでるんだろう?

ゲートウォッチの誓いのカードの価格

そろそろ落ち着いてきたかと思われます。初動ではニッサがトップでしたが案の定というべきか陥落しましたね。現在はコジレックの帰還がOGWのトップレアになっています。2位は難題の予見者です。通常レアですが他の神話レアを押しのけてのこの位置。実際能力が強いですから納…

そろそろ落ち着いてきたかと思われます。

初動ではニッサがトップでしたが案の定というべきか陥落しましたね。現在はコジレックの帰還がOGWのトップレアになっています。

jp_KnTCmtZ98Y


2位は難題の予見者です。通常レアですが他の神話レアを押しのけてのこの位置。実際能力が強いですから納得といったところではあります。

3位に初動トップだったニッサがランクイン。ここからまだ値段は落ちていくのかどうか・・・。



場所によっては若干順位が違ったりもしますが概ねこの順位で推移していると思います。

ここから大きな大会での成績次第によっては中堅あたりのカードが急に高騰することもあり得るでしょう。

BFZのギデオンなんかが良い例だと思います。今でこそ落ち着いていますが一時期は倍くらいの値段まで跳ね上がりました。

なるべく値上がりする前に購入したいところですね。

ゲートウォッチの誓いブースタードラフト

友人達と集まる機会があったのでブースタードラフトをしてきました。今回使用したのはOGW2パックとBFZ1パックの所謂普通のブードラですね。自分を含め6人集まりましたので6人でのドラフトです。写真を撮影するのを忘れましたが今回組んだのは白黒同盟者でした。1パック目の1…

友人達と集まる機会があったのでブースタードラフトをしてきました。

今回使用したのはOGW2パックとBFZ1パックの所謂普通のブードラですね。

自分を含め6人集まりましたので6人でのドラフトです。



写真を撮影するのを忘れましたが今回組んだのは白黒同盟者でした。

1パック目の1巡までは「流れてくるカード的にジャンドが強そう」と思い緑、赤、黒と満遍なくピックしていたのですが、一周してから緑と赤のカードが流れてこなくなり「あ、これは皆ピックしてるな」ということで色の変更を余儀なくされました。

青と白があまり取られていなかったので、特に取られていなさそうな白を中心に取りに行きました。

同盟者が多かったので自然と同盟者を活かすようなデッキになっていきました。

エルドラージ・ドローンもちょこちょこいたのですが良いものは中々いなかったのでかなり線の細いデッキになってしまいました。



3戦した結果、◯✕✕となりました。

1戦目はボロスウィニーで白のクリーチャーが若干被り気味で突破は容易ではありませんでしたが、次元の激高/Planar Outburstを良いタイミングで撃つ事が出来て押し切りました。

2戦目はシミックエルドラージで現実を砕くもの/Reality Smasherに心を砕かれる作業でした。基本的にこちらのクリーチャーより一回りも二回りも大きいので除去が除去としての役割を果たすことがない事態が多々ありました。次元の激高/Planar Outburstがキャスト出来ればまだ少しは芽があったかもしれませんが、働きたくないのかデッキの中から一度も出てきませんでした。

3戦目は青白のミッドレンジというよりはコントロールに近い感じもありました。変位エルドラージ/Eldrazi Displacerの対処に追われて後続に殴り殺されたり、重ねがけ覚醒した土地がひたすら殴ってくるなど良いところを一つも見せずに倒された感じがありました。次元の激高/Planar Outburstはあったのですが土地以外なのですよねこれ。



最終順位は5位でした。まあ2敗してしまいましたからしょうがないですね。

それにしてもエルドラージ強いですね。同盟を組んでも勝てないので結局ゼンディカーはエルドラージに滅ぼされるのでは?

yuyu10_21


今回出たレアは順位取りでした。アンコモン以下はそのままお持ち帰り。

出てきたレアで値段が付く物と言えば上記の現実を砕くもの/Reality Smasher、変位エルドラージ/Eldrazi Displacer、押し潰す触手/Crush of Tentacles、さまよう噴気孔/Wandering Fumarole、海門の残骸/Sea Gate Wreckageあたりでした。

ちなみに貴重な神話レアの枠にタズリ将軍/General Tazriが降臨なされました。先日剥いた箱からは出なかったので神話レアだし一応ということで頂戴致しました。あとはさまよう噴気孔/Wandering Fumaroleとウギンの洞察力/Ugin's Insightを頂きました。




今回のドラフトは中々難しい印象を受けました。もう少しリストをキチンと見てから挑むべきだったかもしれません。

3月6日 MMFC vol.4開催のお知らせ

※2月12日、賞品と締切を更新しました※2月22日、サイドイベント追加しましたMUNNA’S MAGIC FIGHT CLUB vol.4
日付:3月6日(日)
時間:11時頃開場 12時頃開始
場所:札幌市若者支援総合センター 活動室3札幌市中央区南一条東2丁目大通バスセンタービル2号館1階(地下鉄バス…

mmfc4

※2月12日、賞品と締切を更新しました
※2月22日、サイドイベント追加しました

MUNNA'S MAGIC FIGHT CLUB vol.4
日付:3月6日(日)
時間:11時頃開場 12時頃開始
場所:札幌市若者支援総合センター 活動室3
札幌市中央区南一条東2丁目大通バスセンタービル2号館1階
(地下鉄バスセンター駅3番出口すぐ)

フォーマット:チームレガシー予定(非公認)
参加費:1人1000円(1チーム3人)

賞品:1位チーム ゲートウォッチの誓い 1BOX
他サプライ多数

エントリー方法:2月26日(金)までに
 knzkskΦgmail.com (Φは@)ムンナ宛に
チームの代表者より下記項目をご連絡ください。

・チーム名
・メンバー3人の名前
・リーダーの名前

※2月26日の時点でエントリーが4チーム未満の場合
レガシーのシングル戦に変更します。(賞品も変わります)


サイドイベント:
・レガシー個人戦
モダンマスターズ1(MMA)ドラフト
提供:エスパー王子氏


冬のMMFCはチーム戦!
北のゲートウォッチとなって北海道最強を目指せ!
詳細を追記していく予定です。
不明な点がある方や、チームメイトはいないけど
レガシーしたい!という方もお気軽にご相談ください。

債務の騎士 第十回

やあ、諸君。新エキスパンションの発売と先日の双子禁止を受けて、モダン市場の値動きがとんでもないことになっているぞ。まさにエルドラージの進撃を受けているかのような大暴れだ…。エルドラージデッキの隆盛:《ウギンの目/Eye of Ugin》《エルドラージの寺院/Eldrazi Te…

oshiete
やあ、諸君。
新エキスパンションの発売と
先日の双子禁止を受けて、モダン市場の
値動きがとんでもないことになっているぞ。
まさにエルドラージの進撃を受けている
かのような大暴れだ…。

エルドラージデッキの隆盛:
《ウギンの目/Eye of Ugin》
《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/
Urborg, Tomb of Yawgmoth》
eyeofugineldrazitempleurborgtombofyawgmoth
eyeofuginprice
eldrazitempleprice
urborgprice
"ゲートウォッチの誓い"フルスポイラーの
公開前後から、モダンでエルドラージデッキが
成立するのではないか?という噂が
早くも実現しそうな形になってしまった。

個人的には、今までランプ型しかなかった
エルドラージデッキに新しい構成が
生まれるのは喜ばしいと思っているが
次元の捕食者にこのまま覇権を渡して
いいのか?気になるところだ…。


禁止改訂を受けて(禁止回避組):
《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
《風景の変容/Scapeshift》
《鏡割りのキキジキ/
Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
goryosvengencescapeshiftkikijikimirrorbreaker
goryosvengeancepricescapeshiftprice
kikijikiprice

禁止改訂が発表されたということは
今後次のエキスパンション発表まで
新たな禁止はないということだ。
禁止スレスレのものから、
今後しばらくは禁止されないことが
ほぼ確定のもの、代替パーツなど
色々な情報を垣間見ることができる。


禁止改訂を受けて(既存強化組):
《復活の声/Voice of Resurgence》
《燃え柳の木立ち/
Grove of the Burnwillows》
voiceofresurgencegroveofburningwillow
voiceofresurgenceprice
groveoftheburnwillowsprice
双子禁止でフェアデッキが増加することが
見込まれるモダンにおいて
既存のアーキタイプの
対フェアデッキカードもすこぶる好調だ。
注目はトロンが採用する燃え柳の木立ち。
実際に土地単でも使われているが、
1万円台の土地はまさにレガシー級だ。

プロツアー直前ということで
モダンの値動きに注視してみたが
これが新規参入の障壁にならないか、
少し行く末が心配な今日この頃だ。