【 #マビノギデュエル 】クロックとHP別のキルターン

最近マビノギデュエルをやってまして、で、結構面白いです。このマビノギデュエル、デッキを構築して戦うのですが、ユニークなところにミュータント、というカードがあります。これは、通常のカードでコストが多い変わりにちょっと強かったり、色が通常と違うカード群です。M…


最近マビノギデュエルをやってまして、
で、結構面白いです。

このマビノギデュエル、デッキを構築して戦うのですが、
ユニークなところにミュータント、というカードがあります。

これは、通常のカードでコストが多い変わりにちょっと強かったり、
色が通常と違うカード群です。

MTGで言うと、火葬+1ってのがあって、コストが2(R)になる代わりに
4点当たります、とか、火葬(G)ってのがあって、緑のカードになってるとか
そんなイメージです。

で、カラーバイを愚弄しているかのようなこのシステムの是非は一旦置いといて、
これにはペナルティが伴います。

それは、開始のHPがミュータント一枚につき、1マイナスされるという事です。

私が今使ってるデッキ、資産が溜まってきたのもあって、
「そもそもこれ開始HPやばくね?」と思ったので開始HPと相手のクロック別で
キルターンを出してみました。

それが、下の表です。

キルターン
 
例えば、HP20の時にクロック4点をほうっておくと、5ターンで死ぬ、
という事がこの表から分かるようになってます。

で、今で言うと私の開始HPは19点。

なので、クロックで言うと4点を放置しちゃうとヤバイという事が分かります。
概ね、3点と4点ではキルターンが2ターン違うので。

逆に、6点以上は放っておけば開始HPがなんだろうが
しばらくすると死ぬという事が分かりますね。 

HPを増やす方向で考えると、21点以上でキルターンが1ターン伸びますので、
これはなかなかよい方向です。

立場を逆にすると、クロックが2点、3点、4点で全く相手にかかるプレッシャーが
違うという事がわかるので、ウィニーを構築する際には4点出るルートが
どれくらいあるか?というのは結構重要な視点っぽいですよね。

ちなみに、レベル2で、墓地の数を満たしている復讐の矢はキルターンを
1ターンくらい短くする性能なので、優秀なやつであることが分かります。

それではよろしくどうぞ。

久しぶりのStarCiryGamesClassic、様々なデッキがTOP8を飾る

プロツアー終了、そしてエターナルマスターズ発表でそろそろレガシーも熱く燃え上がってくるころ!久しぶりのStarCityGames Openです。StarCityGames Classic Legacy at Louisville on 2/21/2016
1st Place
奇跡/Miracles
2nd Place
バーン/Burn
3rd Place
デスアンドタック…

プロツアー終了、そしてエターナルマスターズ発表で
そろそろレガシーも熱く燃え上がってくるころ!
久しぶりのStarCityGames Openです。

StarCityGames Classic Legacy at Louisville on 2/21/2016
1st Place
奇跡/Miracles
2nd Place
バーン/Burn
3rd Place デスアンドタックス/Death&Taxes
4th Place 感染/Infect
5th Place カウンターバーン/UR Delver
6th Place マーベリック/Maverick
7th Place RUGデルバー/Temur Delver
8th Place BUGデルバー/Sultai Delver

コンボこそ少ないものの(TOP16にはたくさんいます!)
とても綺麗なメタゲームとなったTOP8。
優勝の奇跡もさすがですが、多色ミッドレンジに強い
バーンが2つ勝ち残っているのにも注目です。

creatures (12)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》


lands (16)
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《Volcanic Island》


spells (32)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《発展の代価/Price of Progress》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》

sideboard
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《水没/Submerge》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《乱暴/Rough》
stormchasermage

《嵐追い》ついに結果を残す

スポイラー当初、俄に騒がれたものの
スタンダードで青赤果敢デッキが作られた程度で
レガシープレイヤーからの評価も意外と冷静だった
《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》。
しかしよく見ると、弱いことが一切書かれていない
このカード。
このまま《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》のように
じわじわと固定パーツ化されるのでしょうか。注目です。

環境に刺さる《発展の代価》

priceofprogress
デュアルランド環境を強烈にメタる一撃。
《山/Mountain》しか使用しない赤単であれば
警戒も容易な《発展の代価/Price of Progress》。
しかし下手をすれば自分も巻き込むカードを
よもや撃ってこないであろう…
そう考えていた方、危ないところでした。
今のURは積んでいます。(経験談)

バーンからレガシーを始めたプレイヤーにも、
デュアルランドさえ何とかなれば
真っ先に組めそうでおすすめなカウンターバーン。
嵐追いだけに、このまま台風の目になることは
できるのでしょうか!?

エターナルマスターズ発表。レガシーを始めるなら今!

2月16日深夜、エターナル界に激震が走りました。公式のお気に入りエキスパンションモダンマスターズの影に隠れこのまま細々と続くだけかと思われたレガシー、ヴィンテージに突如差した一筋の光。エターナルフォーマットでしか使えない多数の有用カードが収録されたエターナル…

2月16日深夜、
エターナル界に激震が走りました。
eternalmasterslogo
公式のお気に入りエキスパンション
モダンマスターズの影に隠れ
このまま細々と続くだけかと思われた
レガシー、ヴィンテージに突如差した一筋の光。

エターナルフォーマットでしか使えない
多数の有用カードが収録された
エターナルマスターズ6月10日に発売です。
forceofwillwasteland
先行プレビューとして
《意思の力/Force of Will》と
《不毛の大地/Wasteland》も発表。

エターナルを代表するピッチスペル
"ウィル"についに日本語名が与えられました。
イラストも初代アライアンス版と同じ
Terese Nielsen女史ということで
否が応にも期待が高まります。


さて今年11月には国内2度目のレガシーグランプリ、
GP千葉も開催。このタイミングでエターナル専用の
拡張エキスパンションの発売ということは、これはもう
レガシーを始めるまたとない機会ではないでしょうか。

デッキの選択

これからレガシーを始めるにあたって、
ぜひ後悔のないデッキを選択してほしいと
レガシープレイヤーとして切に願います。
しかしレガシーを語るうえで避けては通れない
再録禁止カードの存在。その筆頭であり、
5000円~40000円はするデュアルランドは特に
新規プレイヤーの障壁となっています。
volcanicislandtropicalisland
そして新規プレイヤーがもっとも陥りやすい思考が
「デュアラン使わないデッキ使おう」
というものです。しかしこれ、大変おすすめしません。

デュアランを使わないデッキを組むと
  • それ専用のパーツしか揃わないため、デッキの乗り換えがしづらい
  • 同じデッキしか使えないため、プレイングが偏る
  • 他のデッキの動きを練習できない
  • 結果として、早くに飽きがきてしまう
このように、せっかく腰を据えて
遊べるフォーマットの醍醐味を
台無しにしてしまう結果になりかねません。(体験談)

こんな呟きもあります。
《目くらまし/Daze》のピッチコストで
手札に戻す時くらいしかデメリットにならない
ショックランドや、バトルランドという代替カードもある今
プロキシでもまずは好きな色から
レガシーを始めてはいかがでしょうか。

グランプリ千葉にむけて

例えば、11月の千葉にむけて
2色デッキを構築するとした場合。
最低でも3枚はデュアルランドがとりたいとして、
月1万円ちょっと貯金するだけ、9ヶ月間で揃います!
hoardersgreed
実際には他のパーツの存在や臨時の収入、
支出などで変わると思いますが、おそらく今後、
今以上に遊びやすくカードも入手しやすいタイミングは
限られてくるのではないでしょうか。

一度手に入れれば一生遊べるエターナルフォーマット。
今後のMTGライフを天秤にかけて
今こそ決断してみてください!

エターナルマスターズ

公式より6月10日発売のエキスパンションであるエターナルマスターズが発表されました。価格は1000円だそうです。日本語公式サイト日本語化されたForce of Willと不毛の大地/Wastelandが入る事が確定しているようですね。さて、このエターナルマスターズですが>このセットに再…

公式より6月10日発売のエキスパンションであるエターナルマスターズが発表されました。価格は1000円だそうです。

日本語公式サイト

jp_eu6h6a9zJXjp_f9e7rFQpkc

日本語化されたForce of Willと不毛の大地/Wastelandが入る事が確定しているようですね。





さて、このエターナルマスターズですが

>このセットに再録禁止リストに載っているカードは収録されません

となっています。エターナルに置いてよく使用されるカードで再録禁止の物ですがまずデュアルランドが挙げられます。

レガシーの多色デッキに置いては必須とも言えるべきカードですが再録禁止リストに載っているのでエターナルマスターズに収録される事はありません。

再録禁止カード一覧

モダンの範囲外となるとオンスロートブロックまでありますが果たして何が再録されるのでしょうか・・・。



Legacy Decks:BUGデルバー

その執拗さと対応力から、逃げる術なし―

BUG Delver by Peter Ingram 8th Placeat StarCityGames.com Classic on 1/31/2016

creatures (16)3 《闇の腹心/Dark Confidant》4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》4 《タル…

bugdelver

その執拗さと対応力から、
逃げる術なし―


creatures (16)
3 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


lands (18)
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tropical Island》
3 《Underground Sea》
4 《不毛の大地/Wasteland》


spells (26)
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
3 《Force of Will》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
3 《もみ消し/Stifle》
4 《思案/Ponder》


sideboard
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《方向転換/Divert》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《Force of Will》
1 《喉首狙い/Go for the Throat》
1 《残忍な切断/Murderous Cut》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《湿地での被災/Marsh Casualties》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
cancerabberationabruptdecay
テンポデッキの中でも随一の"丸さ"を
持つデッキ、それがスゥルタイデルバーこと
BUGデルバーです。

《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を
始めとした、高速クロックを送り出し
カウンターで守る―デルバーの基本の動きに
《突然の衰微/Abrupt Decay》が加わることで
相手の場が整うまでにゲームを決めやすく
とにかく組しづらいデッキになっています。

過去にはメインから手札破壊や
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を
搭載したミッドレンジ型もありましたが
ここ最近のトレンドは打ち消しが中心の
スピードに特化したタイプのようです。
それだけ、レガシーという環境が
高速化しているということかもしれません。
winterorbmarshcalamities
多彩なサイドボードもBUGカラーの特徴です。
遅いデッキは《冬の宝珠/Winter Orb》で
足止めをくらわせ、相手の
《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》や
《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》は
《湿地での被災/Marsh Casualties》で
一方的に押しつぶしてきます。

一見、弱点がなさそうに見えるBUGデルバー。
しかしよく見ると、メインで取っている除去が
5枚しかなく、無条件のものもありません。
生物に特化したデッキやマナ域の広いデッキは
有利に立ち回れそうです。

妨害と対応力に特化したBUGデルバー。
しかし、このデッキを安定して相手できるように
なれば、テンポ相手の立ち回りをかなり
理解できたと言えるでしょう!

PTOGWにおけるグリセルシュート

先日行われたPTOGWのトップ8は見事エルドラージと親和という無色中心なデッキしかいませんでしたね。しかし8位以下を見ると様々なデッキが犇めいています。DigcardsのPTOGWの大会結果より初日の時点ではバーンと親和が使用率で同率1位だったと記憶しています。次いで感染とエ…

先日行われたPTOGWのトップ8は見事エルドラージと親和という無色中心なデッキしかいませんでしたね。しかし8位以下を見ると様々なデッキが犇めいています。

DigcardsのPTOGWの大会結果より

初日の時点ではバーンと親和が使用率で同率1位だったと記憶しています。次いで感染とエルドラージが同率3位となりZoo、アブザン、ジャンドと続いていました。

バーン、感染は多いと言われていただけあってやはり数が多いです。アブザンやZooも数が多かったのでやはり残っていますね。



さて、そんな中でグリセルシュートはというと

https://dig.cards/decks/magicthegathering/45975

https://dig.cards/decks/magicthegathering/46003

https://dig.cards/decks/magicthegathering/46038

6勝ラインまでに3人残っています。上から8勝、7勝、6勝の順番になっています。

8勝のグリセルシュートはTeam Cygames所属のプレイヤーである山本賢太郎さんのデッキです。

このデッキの面白いところとして挙げられるのが、今時の流行り(?)である滋養の群れ/Nourishing Shoalを使ったタイプではなく単純にエムラとグリセルを走らせるグリセルシュートだという事です。6勝の方のデッキも同じような構成になってます。

正直なところ最近は滋養の群れ/Nourishing Shoal入りのグリセルシュートが主流になっているものだと思っていましたのでこの結果を見て驚きました。全体的な構成も自分の使っているものとそう大差ないのでこのままでもやれるんだという事が証明されたようで勇気づけられたりもしました。

この2つのデッキの共通点としてはフィニッシャーの2体は当然として、ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigyが4積みされていることですね。

表面ではルーターとして使える上に伝説なので御霊の復讐/Goryo's Vengeanceで釣り上げる事が可能です。釣り上げた後に裏面に変身してしまえば追放されない上に即座に御霊の復讐/Goryo's Vengeanceを唱えられるのでとても強いです。

上記の使い方以外にも普通に再利用しやすいインスタントやソーサリーが多く積まれているのでデッキとの相性も抜群です。

CFBのエルドラージ相手ではチャリスによって速度が落とされたりする場面がありましたが基本的には2・3ターン目にはフィニッシャーが1回殴る事が割と多いデッキではあります。特にグリセルが釣り上げられれば手札を補充できて、いきなり手札の質を上げられるのでその後の動き易さも違ってきます。大抵はそのドローでエムラを引くので次のターンにはゲームセットです。





しばらくモダン環境はエルドラージが幅を効かせるでしょう。アレに対抗するためにはフェアなデッキだと辛いというか勝ち目が薄いと思われるので、まともな対策が確率されるor弱体化のお仕置きがされるまではこの手の所謂アンフェアなデッキを使うのが良いかと思われます。

PTOGW優勝は青赤エルドラージ

Jiachen Tao氏の青赤エルドラージが優勝しました。2 《島》
2 《蒸気孔》
4 《沸騰する小湖》
4 《シヴの浅瀬》
4 《エルドラージの寺院》
4 《ウギンの目》
3 《魂の洞窟》
1 《宝石の洞窟》
-土地(24)-

4 《エルドラージのミミック》
4 《空中生成エルドラージ》
4 《不…

Jiachen Tao氏の青赤エルドラージが優勝しました。



2 《
2 《蒸気孔
4 《沸騰する小湖
4 《シヴの浅瀬
4 《エルドラージの寺院
4 《ウギンの目
3 《魂の洞窟
1 《宝石の洞窟

-土地(24)-

4 《エルドラージのミミック
4 《空中生成エルドラージ
4 《不快な集合体
3 《エルドラージの寸借者
2 《破滅を導くもの
4 《難題の予見者
4 《現実を砕くもの
4 《希望を溺れさせるもの
4 《果てしなきもの

-クリーチャー(33)-
3 《四肢切断

-呪文(3)-
1 《呪文滑り
3 《頑固な否認
2 《はらわた撃ち
2 《大祖始の遺産
3 《ハーキルの召還術
1 《漸増爆弾
2 《虚空の杯
1 《精霊龍の墓

-サイドボード(15)-



リストだけ見ると然程強いようには見えないですが実際CFBの無色エルドラージを全員斬って優勝したのですから素晴らしいです。

Tao氏は恐らくモダンでエルドラージが台頭してくるのを予想してこういう構成になったのでしょう。やはりプロは一味も二味も違うというのを見せつけられました。



しかし先日もちょこっと書きましたがCFBの無色エルドラージにしろこの青赤エルドラージにしろ2ターン目の難題の予見者/Thought-Knot Seerが強いですね。除去を握っていてもコイツに手札を1枚抜かれる上に後で殴られるので割とどうしようもない感が漂っています。

稲妻、衰微というモダンでよく使用される除去や火力で落ちないですし、除去は2枚以上握らないと追放されるしと対処に困るクリーチャーです。値段が高いのも頷けるパワーですね。




ちなみにJiachen Tao氏はインタビューでこのデッキじゃないデッキを使うとしたらリビングエンドと言ってましたね。リビングエンドはデッキの値段もそんなに高くないですしコンボなので強いと割とイケイケなデッキだったりしますね。墓地対策?知らんがな



エルドラージに勝つ為にはどういうデッキ・構築にすればベストなのでしょうかね?

Legacy Decks

Tier上位と思われるもの中心随時更新予定・テンポ-RUGデルバー-BURデルバー-WURデルバー(Patriot)-バーン・ミッドレンジ-WUB石鍛冶-WUR石鍛冶-BUG続唱・コンボ-ANT-スニークショー-リアニメイト-ペインター-ベルチャー-ドレッジ・コントロール-奇跡-土地単-POX・ビッグマナ-M…

Tier上位と思われるもの中心
随時更新予定

・テンポ
bugdelver
-RUGデルバー
-BURデルバー
-WURデルバー(Patriot)
-バーン

・ミッドレンジ
-WUB石鍛冶
-WUR石鍛冶
-BUG続唱

・コンボ
-ANT
-スニークショー
-リアニメイト
-ペインター
-ベルチャー
-ドレッジ

・コントロール
-奇跡
-土地単
-POX

・ビッグマナ
-MUD
-ストンピィ
-12ポスト
-Nic-fit

プロツアーゲートウォッチの誓い

真っ最中ですね。仕事があったので専らニコニコ動画のタイムシフトを視聴しています。それにしてもトップ8の結果が凄まじいの一言に尽きますね。日本語公式カバレージ8人中6人がエルドラージで残り2人が親和という結果になりました。LSVと渡辺プロの試合を見ましたが2ターン…

真っ最中ですね。仕事があったので専らニコニコ動画のタイムシフトを視聴しています。

それにしてもトップ8の結果が凄まじいの一言に尽きますね。

日本語公式カバレージ

8人中6人がエルドラージで残り2人が親和という結果になりました。



LSVと渡辺プロの試合を見ましたが2ターン目に難題の予見者は強いというか強すぎますね。手札を1枚抜いた上に4/4のクロックが残されるわけで・・・。

また1ターン目に猿人の指導霊/Simian Spirit Guideから虚空の杯/Chalice of the VoidのX=1が思った以上にモダンでも効くのが驚きました。レガシーですとこの動きをされただけでデッキのほぼ半分以上が紙になるデッキもあるくらいなのですがまさかモダンでもそこそこイケるとは。



それにしても今回のLSVのデッキ・・・というよりはCFB勢のエルドラージデッキは本当によく出来ていますね。正直どう対策すれば良いのか分かりません。まともにやり合おうとすると押し込まれるのでは?

以前に「マーフォークでエルドラージ相手に不利は感じなかった」と発言をしたことがあったのですが、このデッキ相手に同じ事を言えません。正直勝てるヴィジョンが浮かびません。サイドに海の要求/Sea's Claimまで取りましたがそれでも戦えるかと言われると無理な気がしてきます。





本日23:00から3日目のニコニコ生放送があるようです。またTwitterでのリツイートキャンペーンもありそうですし見ておいて損は無いでしょう。

果たしてエルドラージだらけの中で親和は勝てるのか!?

レガシー:Doomsday

組んでみました。ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamondを一枚しか持ってないのでプロキシという形になりますが・・・。ANTにしなかったのは身内に使い手というわけではないですがパーツも所持しており、回し方もキッチリ知っているのがいるので使い手が少ないコチ…

70726f647

組んでみました。ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamondを一枚しか持ってないのでプロキシという形になりますが・・・。

ANTにしなかったのは身内に使い手というわけではないですがパーツも所持しており、回し方もキッチリ知っているのがいるので使い手が少ないコチラの方が面白そうという理由からです。ちなみにANTのパーツも上記のライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond以外は揃ってはいます。

以下、参考にしたデッキです。晴れる屋のデッキ検索より





4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2《島/Island》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
1《沼/Swamp》
1《Tundra》
2《Underground Sea》
2《Volcanic Island》
16 Lands

1《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》
1 Creatures
   
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
1《汚物の雨/Rain of Filth》
4《燃え立つ願い/Burning Wish》
3《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3《最後の審判/Doomsday》
4《強迫/Duress》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1《留まらぬ発想/Ideas Unbound》
4《思案/Ponder》
1《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
2《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
43 Spells

60 Mainboard Cards
   


1《平地/Plains》
4《僧院の導師/Monastery Mentor》
2《沈黙/Silence》
1《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1《残酷な取り引き/Cruel Bargain》
1《最後の審判/Doomsday》
1《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2《虐殺/Massacre》
1《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1《虚空の罠/Void Snare》

15 Sideboard Cards





参考にしたというかほぼ完コピです。違う点といったらサイドボードの構成くらいです。

残酷な取り引き/Cruel Bargainは当然というレベルで所持していませんので効果が同じ冥府の契約/Infernal Contractに置き換えているのと、僧院の導師/Monastery Mentorと平地/Plainsの枠を面晶体の連結/Hedron Alignmentと予報/Predictに置き換えています。

何でサイドにこんな物を仕込んだのかと申しますと


Twitterでこのようなものが流れてきたので「この人天才か!」と感銘を受けましたのでサイドに入れてみました。





さて、サブの勝ち手段は置いておいてメインの勝ち手段は以前の記事でも書いたようにストームを稼いで苦悶の触手/Tendrils of Agonyで勝利です。研究室の偏執狂/Laboratory Maniacが入っていますがメインはストームです。

このデッキを組んでおいて物凄い今更なのですが最後の審判/Doomsdayで積み込んでストームを稼ぐ手段が分かりません。これから積み込みパターンを勉強します。