[スタンダード Pauper][デッキリスト]大群の殺到デッキ

今回は10月23日にMagic Onlineで行われたスタンダード Pauperの大会で優勝した大群の殺到デッキを紹介します。

・デッキリスト・スペル(14)

4 《骨の粉砕/Bone Splinters》
2 《祭壇の刈り取り/Altar’s Reap》
3 《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
3 《大群の殺到…

今回は10月23日にMagic Onlineで行われたスタンダード Pauperの大会で優勝した大群の殺到デッキを紹介します。
大群の殺到 空中生成エルドラージ
末裔招き 自己組立機械


・デッキリスト

・トークンによる多彩な戦術
まず《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》、《末裔招き/Scion Summoner》、《目なしの見張り/Eyeless Watcher》の3種のクリーチャーでエルドラージ・末裔トークンを出していく。そして、クリーチャーを大量に展開した後の《大群の殺到/Swarm Surge》は1つの勝ちパターンだ。《大群の殺到/Swarm Surge》を引けなかったとしても、《骨の粉砕/Bone Splinters》で相手のクリーチャーを除去したり、チャンプブロックしたクリーチャーを《祭壇の刈り取り/Altar's Reap》のコストにしてドローを進めたり、クリーチャーが横に並んでいる利点をうまく活用できる。トークンを出すクリーチャーは《不憫なグリフ/Wretched Gryff》の良いエサとなり、トークンが出ているのでクリーチャーの数で損をしなくてすむようになる。そして、トークンを出すクリーチャーを《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》で墓地から回収できれば、さらに多くのクリーチャーが並び大きなアドバンテージを稼ぐことができる。

・横に並べるだけじゃない大型クリーチャー戦略
まずはカラデシュのカードの《自己組立機械/Self-Assembler》。《自己組立機械/Self-Assembler》は5マナ4/4で戦場に出たときに組立作業員をライブラリーから探してこれる。このデッキの組立作業員は《自己組立機械/Self-Assembler》だけだが、ハンドアドバンテージを失わずに5マナ4/4が出てくるのはかなり脅威。さらに《ウルヴェンワルドに囚われしもの/Ulvenwald Captive》は7マナ払うことで4/6の《ウルヴェンワルドの忌まわしきもの/Ulvenwald Abomination》となることができる。そして、《血茨/Bloodbriar》はエルドラージ・末裔トークンや《骨の粉砕/Bone Splinters》、《祭壇の刈り取り/Altar's Reap》に《不憫なグリフ/Wretched Gryff》などで生け贄に捧げることによって簡単に5/6や6/7以上のサイズになる。

以上、スタンダード Pauperの大群の殺到デッキの紹介でした。興味があれば是非お試しください。

PCがうるさかったのでファンを交換した話

最近、PCの起動音が気になるようになってきました。自作で組んでからかれこれ4年くらい?になるのでそろそろ部品にガタが来てる模様。具体的には、ケースやグラボに付いてるファンの駆動音がかなりうるさくなっています。ブロワーでホコリを吹っ飛ばしても全く改善されず、こ…

最近、PCの起動音が気になるようになってきました。

自作で組んでからかれこれ4年くらい?になるのでそろそろ部品にガタが来てる模様。

具体的には、ケースやグラボに付いてるファンの駆動音がかなりうるさくなっています。

ブロワーでホコリを吹っ飛ばしても全く改善されず、これを直すにゃーもう分解してグリス塗ったりするか、ファンそのものを交換するしかないようです。



という訳で注文しましたケースファン。

届いたこれらをPCに引っ付いてるファンと交換していきましょう。

ケース内で交換するのはこ↑こ↓。

IMG_5547


全面、背面のファンと、CPUクーラーのファンも交換しちゃいましょう。

買ったファンはケースファンなので、CPU用ファンと交換するとファンの速度制御ができませんがまあいいでしょう。

温度とかに異常が見られたらまたその時考えます。


背面ファンとCPUファンを取り外したところ。

IMG_5549

たまにブロワーで吹っ飛ばしてたのですが、こうしてみると飛ばせてないホコリ多いですね。

交換後こんな感じに。

IMG_5586

い~いかっこだぜ~?



背面が終わったので、お次は全面のファン。

何故か透明のこのファンを交換します。

IMG_5551

取り外していると、ファンから電源以外にも一本コードが出ているのを発見。

何やら文字が書いています。

IMG_5552



FANLED・・・?ふぁんるど?ふぁんれっど・・・?


あ!FAN LEDか!!!!!このファン光るんだ!?


作成から4年。交換時になってやっと発覚した新事実。ケース備え付けファンだったんでよく見てませんでした。
だから透明だったんだ・・・


私的には別にファンなんて光っても光らなくてもいいんですけどね

IMG_5555

交換完了です。


さて、続いてはグラボ「N560GTX Twin Flozer 2」です。こいつはかなりの騒音源。

IMG_5556


これは友人から安く譲ってもらったものなのですが、もらった時点で「起動してからしばらくはファンの音がうるさいから気をつけろよ。時間と共に音は落ち着くからそれまでの辛抱だ」と言われてました。

確かにもらった直後は言葉通りだったのですが・・・

2年ほど経った今となっては掃除機のような爆音を奏でています。耳がもたねえ。

これもファンが原因でしょうから分解して、ファンにグリスを塗るなりベアリングを交換するなりするのが得策でしょう。


まずは裏面のネジ4つを外して

IMG_5557

するとヒートシンク部と基盤部にベリっと分かれます。
はがしちゃったからにはグリス交換した方がよさそうですね。

IMG_5558

ヒートシンクに引っ付いてたカバーを取り外します。

IMG_5559

こうすることで楽々ファンを取り外せます。

IMG_5560


どうにかしてファンとモーター部を外して中を確認したいところですが・・・

調べてもなかなか分解方法がわかりません。

「N560GTX Twin Frozr 分解」
とかで調べたら色々分解したブログなんかも引っかかるんですが、分解工程がちょっとよくわかんないです・・・

「うまいことやれば上から外せる!!!!」
みたいなこと書いてあるブログがあったので、それにならって適当に外すことを試みました

IMG_5561

失敗しました。羽折れた!!!!!!

どうしましょう・・・羽の数は11枚なので、バランスよく対面側を折る!みたいな手法も取れません。(できても駄目でしょうが)

あきらめて新しいグラボ買うか・・・?でも同じ性能のでも新品買うと高いしなぁ


・・・



・・・


・・・


あっ、そうだ!ファン単体で買えないか探したら良くない!?






探したらありました。さっすが天下のアマゾンさん

IMG_5576

で、届いたので修理開始!

修理って言っても分解の逆工程をするだけなんですけどね

羽折れた時点で心も折れてたので、ネジの扱いが非常に雑になってました。
どのネジがどこのやつなんだ・・・

IMG_5578

トライアンドエラーで正解を探しました

IMG_5579

ファンがついたらカバー

IMG_5580

カバーがついたら本体に取り付けます。今回せっかくなので、GPUのグリスも新しいものに交換します

いや~、グリスを塗るのなんて久しぶりです。XBOX360修理した時以来ぐらいでしょうか?

IMG_5582

グリスを塗るのに、友人は使い終わったキャッシュカードなんかをヘラ代わりに使っていたので、私も参考にして硬いカードで塗ることにします。

IMG_5581

コレです。神羅万象チョコのカード!アインホルンという名前です。
これダブりまくりで余ってたので、グリス塗り拡げ用に使うことにしました。
袋から出していなかったので、ホコリや傷がなく、ヘラとして適していると考えました。

グリス塗り終わりました。
少々ムラがあるけどまあいいや。
役目を終えた神羅万象カードはプラゴミへ。ありがとうアインホルン君。

グリスを塗ったら後は乗せてネジを締めるだけ!

IMG_5583

完成!ファンが新しくなったのでパッと見新品のよう!

IMG_5585

取り付けてみました。しっかり回ってます!音も静か!


これにてすべてのファンが交換完了。爆音PCが途端に静穏化しました。

ここまでくるとHDDの回転音の方が気になるレベルですね!

ん?HDDの回転音が・・・気になるレベル・・・?

新たな問題が浮上した気がしますがまあとりあえず今回はこれにて一見落着!


グラボは友達から譲ってもらった事もあり、捨てるのも忍びなかったので直ってよかったです。

工賃はファンが3280円、グリスが900円くらいだったので、しめて4000円弱。グラボ新調すること考えたら安い安い!

ファンの異音に悩んでる方はぜひ一度お試しあれ。

[Pauper][デッキリスト]わずか14.32チケ 黒単アグロ

今回は10月8日に5-0を達成して入賞リストに公開されたPauperの黒単アグロを紹介します。カラデシュのカードが2種も使用されたデッキが早くも5-0を達成しました。

・デッキリスト

・スペル(13)
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《忌呪の金切り声/Foul-Tongue Shriek…

今回は10月8日に5-0を達成して入賞リストに公開されたPauperの黒単アグロを紹介します。カラデシュのカードが2種も使用されたデッキが早くも5-0を達成しました。
夜市の見張り 暗黒の儀式
腐敗を導く者 忌呪の金切り声


・デッキリスト

・土地を極限まで切り詰めた14枚
このデッキは1マナクリーチャーがなんと27体も入っていおり、デッキのほぼ半分をしめています。そして、その1マナクリーチャーのほぼ全てがパワー2相当であり、早急にゲームを終わらせることができます。また、《暗黒の儀式/Dark Ritual》より、1ターン目に3体のクリーチャーを展開したときの爆発力は凄まじいものがあります。

採用されている1マナクリーチャーで実際にパワーが2あるのは《結束した構築物/Bonded Construct》、《カーノファージ/Carnophage》、《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》の3種11体。パワー1だが攻撃やタップにより追加で1点ダメージを与えられるのが《夜市の見張り/Night Market Lookout》、《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》、《茨弓の射手/Thornbow Archer》の3種12体。そして、クリーチャーを生け贄に捧げることで+1/+1カウンターを乗せることができる《屍肉喰らい/Carrion Feeder》は簡単に4/4や5/5以上になることができます。

・膠着して戦闘ダメージが与えられないときのフィニッシャー
序盤はうまく攻められたが、相手にうまく対処されてしまい、中盤以降は攻められない場合も良く起こりうる。そんなときのフィニッシャーが《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》と《忌呪の金切り声/Foul-Tongue Shriek》だ。

腐敗を導く者/Shepherd of Rot》は2マナ1/1と頼りないサイズだが、タップにより全てのプレーヤーにゾンビの数だけダメージを失わせる。ライフ差は変わらないが、リードしている状況で起動できれば相手のが先にライフがなくなる。最悪勝てなそうな状況で引き分け狙いをすることもできるなど、かなり使えるカード。

忌呪の金切り声/Foul-Tongue Shriek》は攻撃クリーチャーの数だけドレインできるカード。相手の残りライフ分だけクリーチャーを並べてアタックして唱えればそれで勝ちである。対応して攻撃クリーチャーを除去られる可能性も考えながら使用しないと一気に不利になりやすいので注意が必要なカード。

さて、このデッキのお値段なんですが、現時点ではMagic Onlineで14.32チケで構築可能のようです。 
※この価格は現時点の特定のトレーダーとの価格です。時期やトレーダーが変われば当然価格も変わってきます。参考程度にとどめておいてください。
価格