PT結果と【マルドゥ機体】

 プロツアー『霊気紛争』も終了し、ゲームデーまでのデッキ構築の時期になりましたね! プロツアーTOP8中、6つが【マルドゥ機体】であり、『サヒーリ・ライ』が1枚も見当たらないという結果は、プロツアーの面白さを感じました(ギデオンはたくさんいました)。対策はできる…

 プロツアー『霊気紛争』も終了し、ゲームデーまでのデッキ構築の時期になりましたね!

 プロツアーTOP8中、6つが【マルドゥ機体】であり、『サヒーリ・ライ』が1枚も見当たらないという結果は、プロツアーの面白さを感じました(ギデオンはたくさんいました)。

サヒーリ・ライ
対策はできる、ということでもありますね! 

 しかし、プロツアーの結果から周辺のショップに【サヒーリコンボ】が減少するという確証はなく、今後とも対策しないでのデッキ構築は危険と思います。流行するであろう【マルドゥ機体】と含めて対策したいですね!




 ということで、今回はプロツアーでも活躍した【マルドゥ機体】について触れたいと思います。


 【マルドゥ機体】は、『霊気紛争』発売前から存在したデッキであり、以前の記事【赤白ドワーフ】でも触れていたデッキ・タイプです。私自身、『密輸人の回転翼機』の禁止から不安定さを感じてデッキ構想を練りましたが、そのまま『キランの真意号』を後釜にすることで大丈夫だったようです。

キランの真意号
サヒーリと並んで対策の筆頭になりそう


 【赤白黒】というカラーですが、その色事に役割があり、特に【黒】が活躍するデッキです。【黒】の生物呪文を入れることは少ないですが、『屑鉄場のたかり屋』の戦場に戻る効果、『無許可の分解』、『致命的な一押し』等の除去呪文に触れる色として重要です。特に今回のプロツアーで本領を発揮したのは『屑鉄場のたかり屋』ではないでしょうか。
屑鉄場のたかり屋
優秀な乗組員!

 無色の2マナ3/2といいう素晴らしいP/Tに加え、墓地にいても他の生物とマナを糧として戻ってくる効果を持ちます。この能力と【マルドゥ機体】の搭乗3までの機体が合わさり、ブロックできない能力をなかったことにしたような動きまで可能、且つリセットカードに強いデッキになっています。  アーティファクトであるため『模範的な造り手』とも相性が良く、機体を引けなくともライフを削り切る助けともなる事があり、【マルドゥ機体】の筆頭クリーチャーと言えるのではないでしょうか。
 
 実際、以前紹介した【赤白ドワーフ】に【黒】を加えデッキを回してみましたが、安定性は高いと感じました。『霊気拠点』よりも時に優秀に成りうる『産業の塔』の存在が大きく、今まで【黒】が出せるか不安定だった部分が解消された気がします。

産業の塔
手がかりを残すプレイングを心掛けましょう 


 その他として、【サヒーリコンボ】からミラーまで、幅広く見る事ができる『無許可の分解』の存在が大きく、前のめりなデッキの割に安定して戦えます。
 無許可の分解
近年の除去では最高レベルです
同じアンコモンの殺害とは…


 今後の環境として【マルドゥ機体】を見ることは多くなると思われますが、だからといって対策できないデッキではないのが事実です。【黒緑】の場合は、メインの『致命的な一押し』を気持ち増やしたり、サイドボードに『鞭打つ触手』や『完全無視』等の追放系呪文や、『霊気池の驚異』が少ない現環境であるため、『自然のままに』に重点をおいたり、『屑鉄場のたかり屋』に強い『自然廃退』等を増やすのも手だと思います。 

fnmpromo_201609_ja.jpgヤヘンニの巧技だとデパラが見れます
 

 【ジェスカイコントロール】等では『石の宣告』、 『停滞の罠』等の【白】の追放除去や、以前黒緑でも触れました『手酷い失敗』等の【青】の追放打消し、『グレムリン解放』等の【赤】の置物破壊が挙げられるのではないでしょうか。(ダブルシンボルが多いので土地基盤に合わせましょう)

 手酷い失敗
素晴らしい呪文だと思います。



 今回のプロツアーの結果は、参加したプロの方々による、【黒緑】や【サヒーリコンボ】に重点を置いて対策した結果であり、今後の環境を楽しくする最も良い結果になったものだと考えています。確かに安直にTOP8のデッキを見てしまえば『先攻ゲー』でありますが、そこをどう対応するかがプレイヤーの腕に任されているのではないでしょうか(先攻を決めるダイスも含めて)。

 ゲームデーにはプレイマットや限定のプロモカードが勝者に渡されます。勝ち取るためにもデッキに調整に調整を重ねたいですね!